富士登山競走
トップページへ
大会概要 for overseas nationals マイページ
検索
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
大会実行委員会より
大会概要
エントリー
コース紹介
参加特典
優勝者インタビュー
過去のタイム
大会アルバム
ボランティア
交通案内
宿泊案内
関連リンク
ENGLISH
サイトの現在位置
トップ大会概要第69回富士登山競走大会実施要項について
 
2016年2月8日 更新
印刷用ページを開く
第69回富士登山競走大会実施要項について
申し込み方法、参加費用、参加資格等
1.主催
富士吉田市
2.共催
(公財)富士吉田体育協会、毎日新聞社、山梨日日新聞社、山梨放送
富士吉田市教育委員会
3.後援(今後、企業名称等変更する場合があります)
山梨県、潟eレビ山梨、鰍bATV富士五湖
富士吉田市外二ケ村恩賜県有財産保護組合、富士山吉田口旅館組合
(一財)ふじよしだ観光振興サービス、(株)スポーツニッポン新聞社
2020東京オリンピック・パラリンピックキャンプ地等富士北麓誘致連絡会議
4.協賛(今後、企業名称等変更する場合があります)
富士急行梶A富士観光開発梶A山交タウンコーチ
コカ・コーライーストジャパン梶A都留信用組合、富士急トラベル
富士山温泉ホテル鐘山苑、アメアスポーツ・ジャパン潟Tロモン事業部
潟Rロンビアスポーツウェアジャパン、ミズノ梶A潟Aバント
潟Lャラバン、(株)ファイントラック、泣鴻コーポレーション
エルバランス、日立建機日本(株)、富士山の銘水グループ、ホテルベル鐘山
旅館ふじとみた、北口本宮冨士浅間神社
プライベートリゾートパインツリー
5.主管
富士吉田市陸上競技協会
6.協力(今後、企業名称等変更する場合があります)
国士舘大学救急・救助総合研究所、陸上自衛隊北富士駐屯部隊
富士吉田市立病院、昭和大学、健康科学大学、富士五湖消防本部
富士吉田医師会、富士山五合目観光協会、富士山五合目国際観光協会
山頂久須志神社、山頂山小屋、山梨県道路公社富士山有料道路管理事務所
東京電力椛蛹試x社、富士吉田市レクリエーション協会
富士吉田市地域福祉交流センター、富士吉田市スポーツ推進審議会
富士吉田市スポーツ推進委員、富士吉田市連合婦人会、御坂山岳会
富士吉田市交通安全委員、富士吉田交通安全協会上吉田支部
7.期日
2016年7月22日(金)
  場所 山頂コース 五合目コース
開会式
富士吉田市役所前
午前6時30分
午前8時
スタート
富士吉田市役所前
午前7時 午前8時30分
表彰式・閉会式
富士北麓公園陸上競技場
午後2時
8.コース
  • 山頂コース・・・・・富士吉田市役所から吉田口登山道を経て山頂に至る21q (標高差約3,000m)
  • 五合目コース・・・富士吉田市役所から吉田口登山道を経て五合目に至る15q(標高差1,480m)
9.競技規定

  1. 本大会は、補助具(ストック、杖等)の使用は禁止する。

  2. 各コースの打切り時間及びゴール制限時間は次のとおりとし、各打切り時間もしくはゴール制限時間内に各関門通過及びゴールできなかった者は、速やかに競技を終了し、原則として下山道を下山するものとする。
    ○山頂コース
    ・馬返し関門通過打切り時間:設定なし
    ・五合目(佐藤小屋)関門通過打切り時間:午前9時20分
    ・八合目(富士山ホテル)関門通過打切り時間:午前11時
    ・山頂ゴール制限時間:午前11時30分
    ○五合目コース
    ・馬返し関門通過打切り時間:午前10時30分
    ・五合目ゴール制限時間:正午

  3. 完走者は、山頂コース及び五合目コースの各ゴール制限時間内にゴールに到着した者とする。
    ただし、荒天などにより、山頂コースを五合目等で打ち切る場合は、関門通過打切り時間(五合目打切りの場合は午前9時20分)とする。


10.参加資格

○山頂コース・五合目コース

2016年4月1日現在で満18歳(平成10年4月1日以前の出生者)以上の健康な男女。

※ 山頂コースの注意  
    @
     第66回の本大会において、山頂コースは五合目関門通過タイム、五合目コースは五合目ゴールタイムが、それぞれ2時間30分以内の実績、第67回、第68回の本大会において、山頂コースは五合目関門通過タイム、五合目コースは五合目ゴールタイムが2時間25分以内の実績のある者とする。
     第70回大会においては、第67回、68回、69回大会のいずれかにおいて2時間25分以内の実績のある者とし、以降、その例による。
    ★なお、申込み締切り後大会事務局(エントリーセンター)で資格審査を行うが、無資格であることが判明した場合は、申し込みを無効とする。なお、そのまま五合目コースへは変更できないので注意すること。
    A山頂コースに申込もうとする者は、山頂コースへの参加資格の有無について、事前に大会公式ホームページにアクセスし、『マイページ』から自身の当大会での過去の記録を確認して、エントリーするコースに間違いのないようにすること。

※ 五合目コースの注意
    本大会は、通常のロードレースとは異なり、足場の悪い登山道を駆け抜ける過酷なレースであることから、ハーフマラソン程度の体力・経験が必要であり、また、体調不良やけが等に対しては速やかな対応がとれない場合があるので、レース初心者については、自らの体力・体調等を十分考慮して参加すること。

<告知>
     第70回大会より、山頂コースにおける五合目(佐藤小屋)関門通過打切り時間を、
    スタートから2時間15分とする。


○参加確定通知の発送


申込み締切り後の資格審査の後、大会参加確定者には、「参加確定通知」を送付する。発送は2016年4月19日(火)を予定する。    
11.参加定員

○一般参加

山頂コース・・・・・2,500名

五合目コース・・・1,276名
合 計・・・3,776名
定員を超える申込がある場合は申込先着順とする。

○特別参加

 @富士吉田市民ランナー出場枠:50名以内

 A大会推薦枠:20名以内
 B外国人選手枠:50名以内
 Cアスリート枠:複数回優勝者及び過去3年間山頂コース男女各総合10位以内入賞者、五合目コース男女各総合5位以内入賞者。ただし、優勝者は招待選手として扱う。
12.招待選手

大会実行委員会招待選手:過去5年間山頂及び五合目コース男女各総合優勝者

13.参加料
  • 山頂コース・・・・・15,000円
  • 五合目コース・・・ 10,000円
(山頂・五合目コースともに五合目〜富士北麓公園までのバス代含む。)
 振込方法は、RUNNETにて選択する。(振込手数料は本人負担)
 申込締切り後、自己都合によるキャンセル等での参加料等の返金は一切行わない。
 資格がない者が山頂コースにエントリーした場合は、山頂コースに出場することはできない。その場合の参加料の返金については、振込参加料から返金手数料(実費の現金書留送料等)を差し引いた金額を返金する。

 招待選手は、参加料無料。

14.表彰
コース 部門 順位
山頂コース
(男子の部)
総合 1位〜10位
50歳以上 1位〜3位
山頂コース
(女子の部)
総合 1位〜10位
40歳以上 1位〜3位
五合目コース
(男子の部)
総合 1位〜8位
50歳以上 1位〜3位
五合目コース
(女子の部)
総合の部 1位〜8位
40歳以上 1位〜3位
なお、総合と年齢別双方で入賞した場合は、総合での入賞のみとし、年齢別は順次繰り上げるものとする。
15.申込方法
パソコン、携帯電話の「RUNNET」でのみ受け付ける。
インターネットホームページ http://runnet.jp/
注意
郵便払いでの申込は受付けない。
必須
本大会に申込もうとする者は、必ず本実施要項の記載事項を熟読の上で申込みを行うこと。申込みについて不明な点は、事前にFAXかEメールにて事務局に問合せること。
なお、大会実施に当たり、必要な事項は全て大会ホームページに掲載するので、随時、内容確認をすること。
16.申込期間
開始
2016年3月22日(火)午後 9時
締切り
2016年3月24日(木)午後 9時まで(3日間)先着順締切り
注意:
  • インターネットで申込後、申込期間最終日の翌日3月25日(金)までに入金を済ませないと申込が無効となる。
  • 本大会は、キャンセル等の欠員による追加募集は行わない。
  • 17.受付
    受付不要(外国人選手枠内参加者を除く)
  • 全ての選手へ2016年6月下旬にナンバーカード、計測用RSタグ等を申込時の住所に郵送する。
  • 大会2週間前までにナンバーカード、計測用RSタグが手元に届かない場合は、必ず事務局まで連絡すること。
  • 申込後の住所変更その他の変更については、必ず、 2016年5月17日(火)までに事務局へ連絡すること。
    注意:
  • なお、事務局への連絡については、必ず、FAXかEメールで行うこと。トラブルを避けるため電話での対応は行わない。
  • 大会当日、ナンバーカード、計測用RSタグを忘れると出走できなくなるので、注意すること。(やむを得ず、当日再交付の場合は、別途再交付手数料を徴収する。

  • 18.駐 車 場
  • エントリー時に「車」を選択した者に限り、指定臨時駐車場に駐車可能となる駐車券を発行する。駐車券は2016年6月下旬にナンバーカード、計測用RSタグ等と共に郵送する。
  • 駐車券に記載されている注意事項をよく読み、決められた時間帯での駐車をすること。大会終了後に駐車可能時間を超過して駐車している場合には、レッカーによる車の移動(実費請求)を行うので注意すること。
  • 指定臨時駐車場の場所は、鐘山スポーツセンター(富士吉田市上吉田6200)、下吉田第二小学校(富士吉田市緑ヶ丘2−8−2)、下吉田東小学校(富士吉田市下吉田9-21-1)の3箇所を予定する。
  • 19.注意事項

    1. 本大会に参加する者、もしくは、参加しようとする者は、本実施要項の全ての内容
      について、了承したものと見なす。

    2. 2014年9月に、御嶽山において水蒸気噴火による多くの犠牲者が出たことにより、活火山である富士山においても災害防止のため本大会を中止することがある。本大会に参加する者、あるいは参加しようとする者については、常に気象庁が発信している噴火警報・予報を確認するよう推奨する。
       また、携帯端末へ配信可能となっている、緊急速報メール(エリアメール)を積極的に活用するため、競技中の携帯電話(スマートフォン)の所持及び緊急速報メール受信設定を推奨する。
       また、2015年の夏から、富士吉田市の対応により吉田口登山道八合五勺までの山小屋にヘルメット等の噴火対策セットを配備するが、数に限りがあり、有事の際に登山者全員に配布することは不可能である。本大会に参加する者、あるいは参加しようとする者については、折りたたみ型ヘルメットやゴーグル、マスク等の火山対策品の携行を推奨する。


    3. 参加者に郵送される「第69回富士登山競走指示事項」及び「安全にレースを楽しむために」については、参加選手は必読とし、その遵守に努めること。

    4. 自己都合による申込み後の種目変更、申込み取り消しや二重申込みは認めない。

    5. 資格、年齢、性別等の虚偽申告、申込み者本人以外の出場(不正出場)は認めない。この場合の出場は取り消される。また、次回の参加はできないものとする。

    6. 次の場合には、万が一事故等があった場合にも、主催者は一切の責任を負わず、保険や補償等についても一切適用しないので注意すること。
      ○資格、年齢、性別等の虚偽申告、申込み者本人以外の出場(不正出場)があった場合
      ○各打切り時間もしくはゴール制限時間内に各関門通過及びゴールできなかった者が、審判員もしくは係員の下山の指示に従わず、関門制限時間を超えてなお山頂に向かった場合(RSタグ及びナンバーカードはその場で回収する。)

    7. 主催者は大会開催中、スポーツ傷害保険に加入する。

    8. 山岳レースのため迅速な救急対応ができない場合があるので、健康管理には充分留意し、メディカルチェックを受け万全の体調でレースに臨むこと。

    9. 大会出場中、参加者が疾病・ケガ等により、医師が競技継続困難と判断した場合、医師が競技を中断させることがある。その場合は医師の指示に従うこと。従わない場合は、大会参加放棄と見なす。

    10. 高所・急勾配のレースであるため服装(暴風雨対応)等に充分留意すること。

    11. 大会中に生じた事故については、主催者は一切その責任を負わないものとする。

    12. 大会の記録は、RSタグにより計測する。

    13. 災害または荒天の場合、中止またはレースを途中で打ち切る等の措置をとることもある。この場合の決定は、大会会長と審判長が協議し決定する。その場合、参加料・手数料の返金は一切行わない。

    14. 大会出場中の映像、写真、記事、記録等は、テレビ、新聞、雑誌、インターネット、大会ポスター・パンフレット、公式ホームページその他の媒体に掲載されることがあるが、参加者は、大会申し込みを行うことにより、大会出場中の映像等がこれらの媒体に掲載されることについて予め承諾したものとみなされる。また、参加者は、主催者が行うこれらの媒体への掲載について一切の異議を述べないものとする。

    15. 着替え等の軽微な荷物は、大会本部で一括して五合目に搬送する。貴重品は各自保管すること。主催者は、貴重品等のトラブルについての責任は一切負わない。

    16. スタート前に、スタート付近や市役所周辺道路への駐車は禁止である。指定臨時駐車場を設けるのでそちらに駐車すること。なお、指定臨時駐車場と市役所間にシャトルバスを運行する。また、違法駐車はレッカー撤去する。

    17. 屋外での排泄行為(立ち小便等)は失格の対象となる。大会への参加に際し、公共上のマナー、ルールを遵守すること。また、大会開催時間中は仮設トイレを設置するので、用を足す際は必ず仮設トイレ、公衆トイレ等の施設を使用すること。公共の場所で排泄行為を行ったことが発覚した場合には、主催者は、当該参加者を失格とし、即刻当該参加者の競技を中止した上、当該者は次回の参加はできないものとする。(また、悪質な場合には、通報を行う場合もある。)

    18. 上記の他、大会に関する事項については、大会主催者、審判員、役員およびスタッフの指示に従うこと。従わない場合は失格となる場合がある。また、その他、不明の点は事務局へ問い合せすること。

    20.その他
    事務局への電話による申込応募状況の問い合わせ・照会等は一切受付けない。
    21.問合せ
    富士登山競走実行委員会 事務局
    FAX 0555-22-6552
    Eメール:このページの下部にあります。
     大会前日・当日のみ開設 事務局 TEL0555−22−8506(代表)
    22.宿泊申込先

    〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田2-5-1

    富士急トラベル兜x士吉田支店富士登山競走係/担当:桑原

    TEL 0555-21-1052 
    FAX 0555-23-4309


    23.第69回大会の注意点
      ○第69回富士登山競走の大会本部は、富士北麓公園陸上競技場に設置する。
      ○受付自体は無いので、当日にゼッケン、チップを必ず装着し、レース出走すること。
      ○山頂コース・五合目コースともに開会式については市役所前の路上で行う。市役所北側の市道の通行止めを、山頂コースは6時30分からスタート後5分まで、五合目コースは8時からスタート後5分までの間とする。交通規制時間中は、スタートまでの間、選手は当該道路上に滞留するものとする。
      ○ゴール後の選手は、指定の五合目バス乗り場から富士北麓公園に随時バスを運行し搬送する。
      ○富士北麓公園陸上競技場にて、表彰式・閉会式を執り行う。
      ○帰路については、富士北麓公園から各指定臨時駐車場及び富士急行線富士山駅までシャトルバスを運行する。
    本文終わり
    ページのトップへ
    富士登山競走 実行委員会
    E-Mail: こちらから
    毎日新聞
    モントレイル
    山梨日日新聞社
    ミズノ
    ふじよしだ観光振興サービス
    YBS山梨放送
    アバント
    スポニチアネックス
    富士五湖レジャーなび
    SALOMON
    登山競走記念ビデオ 予約受付中
    UTY 6チャンネル
    都留信用組合
    火山情報はこちらで確認してください
    広告募集
    All Sports Community
    広告募集